病院について

ホーム | 病院について

理事長あいさつ

当院は、昭和16年に先代院長が当地で開業し、以来70年近く一貫して地域密着の病院として今日に及んでおります。
全てを患者さまのために」を病院理念とし、消化器・呼吸器・糖尿病・高血圧・血液透析・神経内科等の各専門医を配した内科専門の医療を行っております。
特に最近は糖尿病をはじめ生活習慣病の増加が伝えられており、その予防的役割を果すため、医師、看護師、栄養士が一体となって糖尿病教室を開いたり、患者さまのご自宅でのライフスタイルに至るまでアドバイスをさせて頂いております。
たとえば、爪が固くて切れない!足が浮腫んでるけど、どうしたらいいの??そんな患者さまは、フットケア専門スタッフによるケアも行わせて頂いております。
理学療法士も常勤して代替医療についても取組んでおります。また、在宅訪問診療に関しましても専門の医師が常勤しておりますので、ご相談ください。
どんな事でも、一度、当院スタッフにご相談ください。全力で、患者さまの求めに対応させて頂きます。地域の皆様の疾病予防、病気の早期治療、健康維持増進についてお役に立てるよう努力して参る所存であります。

理事長 加登 康洋

理事長経歴

  • 昭和42年3月 日本大学医学部卒業
  • 昭和42年4月 金沢大学第一内科入局
  • 昭和49年5月 学位取得
  • 昭和58年1月 金沢大学第一内科講師就任
  • 昭和62年2月 加登病院 院長就任
  • 平成14年5月 医療法人社団愛康会設立 理事長・院長に就任

学会認定医

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会認定医
  • 日本肝臓学会認定医
  • 日本医師会認定産業医

主な活動

  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本西部肝臓学会 評議員
  • 石川県医師会 理事

当院の概要

当院は、チーム医療に取り組んでいます

小松ソフィア病院では全ての患者さまにチーム医療でサポートします。